田中舘愛橘物語  その4


愛橘博士の事績  (昭和期)

昭和

2

1927

7

ゼネバ市における国際連盟知的協力委員会およびローマにおける国際航空委員会に列席

71

昭和

2

1927

8

プラーグ市における第三回測地学地球物理学国際会議に列席

71

昭和

2

1927

9

パリ市における第七回万国度量衡会議総会に出席

71

昭和

3

1928

1

航空事業にたいしフランス政府より贈られたグランオフヒシエー、ド、ラ・レジオン、ドノール勲章を受領

72

昭和

3

1928

6

ブラッセル市における航空連盟会議に列席

72

昭和

3

1928

7

ライデン市における国際天文学会、ブラッセル市における国際学術研究会議、ゼネバ市における国際連盟知的協力委員会に列席

72

昭和

3

1928

8

ベルリン市における議院会議に帝国貴族院代表として列席

72

昭和

4

1929

6

パリ市における万国度量衡会議、コペンハーゲンにおける国際航空連盟会議、アーヘンにおけうる航空学会に列席

73

昭和

4

1929

7

ゼネバにおける国際連盟知的協力委員会に列席

73

昭和

4

1929

8

ゼネバにおける議院会議に列席

73

昭和

4

1929

9

コペンハーゲン市における国際気象学会に列席

73

昭和

5

1930

6

ゼネバにおける国際連盟協会及びパリにおける国際航空連盟会議に列席し、コンスタンチノプールにトルコ政府のローマ字委員を訪問

74

昭和

5

1930

7

ゼネバにおける国際連盟知的協力委員会およびロンドンにおける議院会議に列席

74

昭和

5

1930

8

ストックホルムにおける第四回測地学地球物理学国際会議およびレニングラード(現サンクトペテルブルグ)における極年観測準備委員会に列席

74

昭和

5

1930

9

ハーグにおける国際航空委員会会議およびポツダムにおけるドイツ地球物理学会に列席

74

昭和

5

1930

11

文部省臨時ローマ字調査会委員

74

昭和

6

1931

4

万国度量衡会議常置委員を辞す。同名誉委員になる

75

昭和

6

1931

7

ゼネバにおける国際連盟知的協力委員会に列席

75

昭和

6

1931

8

第2回言語学国際会議に列席

75

昭和

6

1931

9

パリ市における国際地理学会に列席

75

昭和

7

1932

7

10月まで、ゼネバにおける国際連盟知的協力委員会、およびスケブニンゲンにおける国際航空員会に列席

76

昭和

7

1932

7

アムステルダムにおける音声学会に列席

76

昭和

7

1932

10

貴族院議員再選

76

昭和

8

1933

1

御講書始において航空機発達史の概要を進講

77

昭和

8

1933

7

ゼネバにおける第15回国際連盟知的協力委員会に出席

77

昭和

8

1933

8

リスボンにおける第5回測地学地球物理学国際会議およびローマにおける第3回言語学国際会議に列席

77

昭和

9

1934

3

満州国建国功労章を受ける

78

昭和

10

1935

7

パリにおける天文学会、ロンドンにおける第二回国際音声学会議及びブリュッセルにおける第31回議院会議に列席

79

昭和

10

1935

8

ワルシャワにおける気象学会に列席

79

昭和

10

1935

9

ヂュヴロニックにおける国際航空連盟会議に列席

79

昭和

10

1935

10

ロンドンにおける第14回議院商事会議および第25回列国議会同盟会議に列席

79

昭和

13

1938

4

随筆集「葛の根」発行

82

昭和

13

1938

8

科学振興調査会委員。航空機製造事業委員会委員。航空機技術委員会委員

82

昭和

14

1939

8

中央航空研究所施設委員会委員

83

昭和

14

1939

10

貴族院議院3選

83

昭和

15

1940

1

帝国学士院第二部部長

84

昭和

15

1940

9

航空機製造事業委員会委員。航空機技術委員会員

84

昭和

16

1941

4

文部省学術研究会議会員罷免

85

昭和

18

1943

1

田中舘博士記念事業会結成

87

昭和

18

1943

9

六義園において米寿の祝賀会

87

昭和

18

1943

11

雑司ヶ谷邸において米寿の祝賀会

87

昭和

18

1943

12

軍人会館において田中舘博士記念事業会の記念講演会

87

昭和

19

1944

1

朝日新聞社朝日文化賞贈呈

88

昭和

19

1944

4

文化勲章授賜

88

昭和

20

1945

3

郷里福岡町に疎開。本邸は空襲による火災のために消失

89

 

田中館愛橘博士は昭和27年5月21日午後4時50分、享年95歳。(東京で)亡くなられた。
亡くなる10日位前までは会議などにも出席していたという。
 

ところで、その前年には福岡の「岩谷橋の完工式」で赤ずきん姿に文化勲章を輝かせながら、国分謙吉知事と共に渡り初めを行った。
これが博士の最後の帰郷だという。


いろいろ教えて頂いた中村誠氏のサイトを参考に作っています。

http://www.noii.jp/com/aikitu/



目次に戻る




岩手県産 サヴァ缶アソート3個セット
本場川越の味【芋ようかん】 3本入/厳選された「さつま芋」の素材を生かすように丹念に練り上げた伝統の逸品。