陣場台熱球録 web版 その31

ストーム復活

 昭和40年代の後半にストームが復活した。大正時代より続くストームであったが、昭和30年代後半から途切れた状態だった。
 ストームの復活に歩調を合わせるように暑中行軍も復活する。
 暑中行軍は、後年にNHKでも全国放送され夏に岩手の風物詩とも言われる。

 昭和49年ベスト4、昭和51年準優勝、昭和52年準優勝、昭和54年準優勝ともう一歩のところで甲子園出場は果たせない。
 学校創立80周年を前にして「甲子園」出場が同窓生と地域の悲願となったのである。


(昭和51年秋の新人戦に優勝してストームを組んで祝す)


目次に戻る


甲子園100年物語 輝いた東北の男たち
 岩手から世界へ伝統への挑戦「南部美人」