陣場台熱球録 web版 その47

平均年齢16才

昭和15年のチームは平均年齢15,8才の若いチームであった。
奥羽大会でも、積極的な走力と意表をつく作戦で奥羽大会を勝ち抜いた。
全国大会の下馬評では、全国で最も若いチームと紹介され、だーくほーすてきな評価をされた。

しかし、奥羽大会で相手を攪乱した機動力を封じられ、意表をつく作戦も鳴りをひそめ、初戦で敗退した。

続く昭和16年は、レギュラーが7名残り、エースの田頭敬作も好調で、甲子園出場が確実視されていたが、戦争による中断。

戦って敗れるよりも無念だったと、エースだった田頭敬作は平成15年に語ってくれた。



目次に戻る


甲子園100年物語 輝いた東北の男たち
 岩手から世界へ伝統への挑戦「南部美人」 
あべどり 田子にんにくチキンカレー 200g