日本初の天覧ホーマー 小田野柏

 

カシオペア地方出身のプロ入り1号が小田野柏(旧制福岡中学昭和10年3月卒)である。
一戸町の出身で、小学校時代にも岩手県大会を制して全国大会に出場した。
福岡中学に進学してからも、その野球センスに磨きがかかり昭和6年にはレギュラーとして甲子園にも出場した。



(一戸小学校時代。中列右から2番目)


旧制の福岡中学卒業後は青森営林局、仙台鉄道管理局へと進んだ。
1938年(昭和13年)に阪急入団。
投手と野手をこなすオールラウンドプレーヤーとして活躍した。
1938年と1942年は投手として23試合に登板、5勝をマークした。
後に打撃の神様と呼ばれる川上哲治がプロ入りして最初に対戦した投手が小田野柏であった。
見事センターフライに打ち取っている。

(記録を紐解くとライトフライであるが、小田野本人がセンターフライト供述)

最盛期に応召されて戦地に赴いた。
敗戦後「野武士集団」と呼ばれた社会人野球チームの豊岡物産(埼玉県)から誘われる。
この豊岡物産の選手として出場した社会人大会で、日本の野球史に残る快挙な成し遂げた。
天覧試合でのホームランである。

天覧試合のホームランというと、巨人対阪神戦で長嶋選手が村山投手から打ったことが有名だが、実はこれが初めてのホームランではない。
長嶋より12年ほど前の昭和22年8月3日、都市対抗開幕戦で初ホームランは生まれた。

大日本土木(岐阜県)対豊岡物産(埼玉県)の試合で豊岡物産の小田野柏選手が放った。
天覧試合でホームランを打った瞬間に小田野先輩は「陛下、見てくださいましたか!。ご先祖様やりました」と心の中で叫んだという。

試合は、この小田野の本塁打が唯一のヒットで敗戦。大日本土木はこの大会で優勝する。



(高橋トンボ球団時代。伝説の大投手スタルヒンは同僚だった

人間天皇を宣言し全国各地をご訪問されていた頃の事で、長嶋選手以上の感激だったはずだ。
この後、小田野は昭和25年に毎日に復活し、西鉄・近鉄・高橋などで活躍する。
プロ通算成績は、打者としては517試合に出場・1501打数368安打・11本塁打・136打点・54盗塁・通算打率241の成績を残した。
投手として23試合に登板し5勝7敗、137回2/3イニング投げて被安打90,奪三振37,与四死球65,自責点24,通算防御率1,56。
試合続けてのサヨナラヒットや玄人好みのプレーで、今でもオールドファンには知られた存在だ。
戦争でのプロ野球中断がなければもっと活躍していたことであろう。



戻 る


プロ野球復興史 - マッカーサーから長嶋4三振まで (中公新書)
岩手県特産品 奥中山高原アイスセット (S)計8個入