フランスから送られてきた1枚の写真 田中舘愛橘

 
フランスから1枚の写真が送られて来ました。以前からオートバイのカタログを交換しているマニアからです。
彼のマニアの友人宅で保管されていたものです。(所有者を仮にAさんとします)
Aさんのお祖父さんか曾祖父さんが1920年頃まで数年間日本に滞在したことがあるようです。
フランスの軍人に同行した技術者らしいとのこと。

何よりもびっくりしたのは「田中舘愛橘」が写っていることでした。
仮に1920年(大正9年)の写真だとすると、愛橘博士が64歳の写真ということになります。



写真左上に「IMPWRIAL FLYING ASS'N-JAPAN」という文字が確認できます。
「帝国飛行協会」「帝国航空協会」などと訳すことができます。
帝国飛行協会で検索したところ下記のサイトが見つかりました。
http://www.aero.or.jp/gaiyo.html

写真の下部中央に「Y.OZAKI」と書かれた文字が確認できます。
おそらくは尾崎行輝ではないかと思います。
憲政の神様と言われた尾崎行雄の四男で、我が国の航空史を語る上で忘れられない人物です。
1915年(大正4年)には帝国飛行協会へ航空局技師として参加します。

「LT.SAWADA」「LT.SAKAMOTO」は軍人です。LTは「少尉」「中尉」「大尉」などの階級を表しています。
軍に所属する航空機関形の人物と推定されます。

「4048-13」の意味は不明です。大正2年(1913年)の写真という意味でしょうか?。
この年は帝国飛行協会が発足した年でもあります。
ただ、尾崎行輝が帝国飛行協会へ参加するのは大正4年と記録されていますので、時期的にもちょっと早いような気がします。

また、1919年(大正8年)には、帝国飛行協会が国際航空連盟に加入しています。
もしかしたら、このときに帝国飛行協会の主だったメンバーで撮影した写真かもしれません。

1916年(大正5年)頃の愛橘博士が写っている写真を管理人は所有しています。
飛行機用エンジンの耐久コンテストで優勝した島津楢蔵氏の工場で写したものと思われる写真です。




上の写真は60歳頃の愛橘博士です。何かおわかりになる方はよろしくお願いいたします。

戻 る

[ba0544] ベアレン醸造所 / 定番&限定ビール 5種6本飲み比べセット 瓶330ml入(地ビール クラフトビール ギフト 詰め合わせ)
日本の空のパイオニアたち: 明治・大正18年間の航空開拓史