明治24年頃の福岡駅  (平成29年7月15日)

明治24年に福岡駅が開業します。
文明開化の波が二戸地方にも押し寄せました。
特産の繭や漆の輸送も、格段に増えて人口も増えたようです。
明治39年には国営化されます。
大正10年には北福岡駅に改称。
長らく北福岡駅として親しまれましたが昭和62年に二戸駅。
新幹線も停車し、東京から3時間の距離で岩手の北の玄関口として賑わっています。




戻 る

昭南島(シンガポール)物語〈上〉
 南部 せんべい 汁 3〜4人用 
ニッスイ ぐるりニッポンの旅 駅弁巡り 山形県米沢「松川弁当店」監修 駅弁屋さんの牛そぼろ 55g×12個