「南部藩士由緒記」 (平成30年3月3日)

浄法寺氏の祖は桓武平氏秩父流畠山氏、畠山重忠の三男、阿闍梨重慶が祖と伝わっている。

重慶ほかの畠山氏については、二戸浄法寺を始め、秩父地方、能登地方など各地に伝説が残る。

『南部藩士由緒記』
畠山重忠と太郎重保が、奥州の戦功によって頼朝から二戸郡を受けたとする。
その後この地を継いだのは二男であるが、この嫡子が死んだため、
鎌倉浄法寺で出家した者が還俗してこの家を継いだ。

こちらの資料では二男が継いだと書かれている。
この嫡子が亡くなり、鎌倉の浄法寺にいた一族が還俗して浄法寺家を継いだ。
現在は、鎌倉に浄法寺という寺は存在しない。
この資料から想像されることは、浄法寺一族に仏教に関係した人物がいたと言うことだ。
もしかしたら、天台寺の庇護者だった可能性は捨てきれない。
あるいは、漆で勢力を拡大したかもしれない。

群馬や福井、鎌倉などを仮説を立ててしらべたいです。
問題はやっぱり費用ですね。

画像は福井県にある浄法寺山です。


戻 る

岩手県鳥越地区の竹細工 岩手県二戸 鳥越竹細工 スズ竹 市場かご 尺(底補強無し)(W31cm)
ディメール 燻製職人セット 4種5品 東北の極旨素材を冷温燻製、とろける脂に燻した薫り、酒の肴にピッタリ! メッセージカード無料