ドゥーリットル陸軍中佐

 太平洋戦争の分岐点となったのが、昭和17年4月18日に行われたドゥーリトル爆撃隊による東京空襲である。ドゥーリッル陸軍陸軍中佐に率いられた爆撃隊が、東京、横浜、横須賀、名古屋、神戸への空爆が実行したが、日本側の被害はほとんど無かった、日本側の弱点を衝かれた攻撃であった。この日を境に形成が逆転したとの資料もいくつか見られる重要な局面であったのである。
 太平洋戦争開戦当初は日本の連戦連勝であった。アメリカ側でもこの局面を何とか打開しようとしていたときにドゥーリッル爆撃隊による東京空爆が実行に移されたのである。

 アメリカ軍部は国内の戦意を高めようと、日本本土の空襲を企てたが、航続距離の短い通常の空母艦載機での実行は難しい。そこで、航続距離の長い陸軍の中型爆撃機B25を空母に載せ、日本本土を奇襲する作戦を立てたのである。
 指揮を命じられたジェームズ・ドゥーリッル中佐は昭和17年4月18日、日本軍の哨戒線ぎりぎりまで近づいた空母ホーネットから16機のB25を率いて飛び立ち、東京、横浜、横須賀、神戸、名古屋を爆撃することに成功した。ドーリットル爆撃隊は当初から空母への帰還を考えず、中国大陸に離脱した後、搭乗員はパラシュートなどで脱出した。しかし、8人が日本軍の捕虜になり、うち3人は処刑された。

 この空爆は、空母に陸軍機を積んでの空襲であり、日本軍は敵を一機も撃墜できずに敵の奇襲を許してしまった。日本軍の面目は丸つぶれであった。
 反対にアメリカ軍はこの作戦の成功を高く評価した。アメリカの空気が一変したのである。ドゥーリッル中佐はこの作戦の功績により二階級進級し准将となった。

 山本五十六連合艦隊司令長官は、「万一敵機東京大阪を急襲し一朝にして此の両都府を焼き尽くすが如き場合は勿論、左程の損害なしとするも国論は果たして海軍には
なんといふべきか」と予言した。
 種村佐孝の大本営機密日記も、「この日絶好の快晴、午後零時三十分頃、突如帝都は空襲を受けた。勝った勝った国民も、初めて敵機を目の前にして戦争を実感したようだ」と記されている。
 航空機で太平洋戦争の緒戦を勝利した日本であったが、航空機によって形成を逆転されられたのは歴史の皮肉であろうか。



 
 



目次に戻る


太平洋戦争 全10巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]