日清戦争への道

明治15年(1882 )の壬午軍乱鎮圧以来、清は朝鮮を属国のように扱っていた。一方、日本はロシアへの警戒から大陸進出のための基地として、朝鮮を支配下に置こうともくろんでいた。

明治27年(18943月に起こった東学党の乱をきっかけに日清戦争が始まる。甲午農民戦争とも呼ばれるこの反乱は、朝鮮固有の民間信仰に儒教、仏教、道教が結びついた新興宗教で、弾圧されながら広まっていた東学党が起こした。

 不正官僚の糾弾に端を発する反政府運動として始まり、5月には官軍を敗北させる。これに対し、朝鮮政府は独立党を率いて甲申事変を起こし、当時日本に亡命していた金玉均を上海で暗殺。これが日本の世論を激昂させ、清が反乱鎮圧に出兵すると聞くと、日清両国の勢力を均衡するための出兵が決まった。725日、両国は豊島沖海域で開戦する。日本軍に優勢な戦況が続き、翌年2月、威海衛での清国北洋艦隊の降伏により決着がついた。

 そして、次のような取り決めがつくられました。

 (1)清は朝鮮から引き下がり朝鮮の独立を認めること

(2)遼東半島・台湾・彫湖島を日本の領土として、日本に渡すこと。

 (3)清は、二億テールの賠償金を日本に払うこと。

(4)欧米が清に押し付た不平等条約を日本も結んで清と自由に貿易させるこ。

明治28(1895)4月、講和条約である下関条約が締結される。しかし下関条約締結から1週間と経たない423日、ロシア、ドイツ、フランスが武力を背景に、遼東半島の返還を求めてきた。三国干渉である。これに屈した日本は、やむなく遼東半島を手放した。

日清戦争で清の敗北を見て、帝国主義列強の中国進出は一挙に激しくなって、1898年、中国分割が進んだ。特にロシアは東清鉄道の敷設権、旅順/大連の租借権を獲得して満州から遼東半島に勢力を伸ばした。イギリスは威海衛を租借するとともに長江流域に進出、ドイツは膠州湾の租借を通じて山東半島へ、フランスは広州湾から中国南部を勢力圏とした。日本は福建省を勢力圏とした。出遅れたアメリカは門戸開放を主張した。

 

戊戌の変法は宮廷の内部対立から失敗した。しかし、列強の支配に対する民衆の反発は強まり、それはキリスト教に対する仇教運動として激しくなった。明治33(1900)にドイツの支配する山東省で民衆蜂起が蜂起し、義和団事件がおこると、義和団の反乱軍は一時北京を占領した。清朝は慌てて同調し、列強に宣戦布告するところまで行ったが、結局は鎮圧され、北京議定書で大幅な譲歩を強いられた。このとき中国に大きな足場を築いたロシアに対して、イギリスと日本はともに警戒し、明治36(1902)には日英同盟を締結した。これ以後アジアの焦点は満州をめぐるロシアと日本の対立へと向かっていく。

義和団事件後、清朝政府の最後の改革である光緒新政が行われた。科挙の廃止・憲法大綱の制定・新建陸軍(新軍)の設置などの近代化策がとられたが、それを主導した袁世凱は、権力強化をはかるだけで抜本的な改革は進まなかった。

 

この間、明治37(1904)に日露戦争に勝った日本は、旅順・大連租借権、南満州鉄道敷設権などをロシアから引き継ぎ、並行して韓国併合を進め、満州・遼東半島・内モンゴルなど中国大陸への野心をあからさまにするようになった。

清朝政府の鉄道国有化政策に対する四川暴動を契機に、革命派の新軍が蜂起した大正元年(1912)年10月10日の武昌蜂起が全国に波及することによって、辛亥革命が起こり、翌12年1月、中華民国が成立した。その後、革命後の権力争いから孫文と、清朝の実権者から革命側に転じた袁世凱の対立となり、後者が権力をにぎることとなった。しかし、清朝最後の皇帝宣統帝は結局退位することと成り、紀元前2世紀の秦の始皇帝から続いた皇帝制度そのものもここで終わりを告げることとなった。

さて、現在の中国を支配する『マルクス主義的共産党』王朝は、昭和50年代中期までは間違いなく清朝を否定していた。偉大なる毛沢東は、清朝を弱体化させてくれた日本を評価していたのである。




目次に戻る


太平洋戦争 全10巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]  韓中衰栄と武士道