南京事件当時の英国新聞

日本と中華民国の国民党は、昭和12年(1937年)8月9日に上海で現地停戦協定を結ぶことになりました。

そして、いよいよその協定締結日の朝、上海で起こったのが大山中尉虐殺事件です。
この事件は、海軍上海陸戦隊の大山勇夫中尉が車で走行中に、中国の保安隊に包囲され機関銃で撃たれて殺されたものです。

実はそれだけではなく、射殺後に中尉を車外に引きずり出して、頭部を青竜刀でまっ二つに割るという猟奇性も帯びていました。

この緊急事態発生によって、当日予定されていた日本と国民党との和平会談はご破算になってしまいました。

しかし、
事件はそれだけに止まりませんでした。上海に駐屯していたわずか2200名の日本の海軍陸戦隊に対し、国民党が5万の兵力をさしむけてこれを包囲全滅させようとしたのです。

このとき上海には、約3万の日本人居留民がいたのです。
そしてそれに数倍する親日家のシナ人もいました。

そこで、
日本政府は上海出兵を決断し、松井石根大将率いる10万の上海派遣軍が編成されました。

けれどその間に中国国民党は、なんと60万もの部隊を集め、2万個もの防衛陣地をつくってまさに手ぐすねひいて、上陸してくる日本軍を待ち受けていたのです。

このため松井大将率いる日本軍は、たいへんな苦戦を強いられました。これが第二次上海事変ですが、この事変で日本側は41000名もの死傷者を出しています。

この数は、日露戦争に次ぐ犠牲者数でしたが、。2ヶ月後の11月10日、ついに日本軍は上海での軍事的脅威を取り除きました。
このときのイギリスの新聞の報道が残っています。「国民党軍の撤退によって、上海に居住する数百万の非戦闘員(市民)の危険が非常に小さくなった。我々は日本軍に感謝すべきである」

それが当時の世界の客観的な反応だったのです。
そして上海を落とした日本軍は、敵の本拠である南京へと兵を進めました。激しい戦いの後、日本側は1週間後の何時何分に砲撃を行うとあらかじめ空から南京城内にビラを撒いて告知したうえで、城外に待機しました。
南京の市民たちに十分な避難の期間を与えるためです。そして12月10日、総攻撃開始。

12月13日南京城陥落。
14日に城内に入城した第10軍の山崎参謀は、南京城の南端にある中華門から東端の中山門までを見分した情況を日記に記録しています。
「南京城東部は、広漠たる空地にして 都市計画の雄大さを認む」

つまり南京城内は、なにも無い広大な空き地になっていたのです。日本が攻めて来ることを知った国民党軍が、城内に日本軍が隠れないようにと市民たちを強制的に追い出し、そこに火を放って何もかも燃やしてしまっていたのです。
同じく14日の模様を佐々木第30歩兵旅団長が日記に書いてます。
「住民はひとりも顔を見せない。 痩せ犬だけが無表情に歩いたり 寝そべったりしていた」
歩兵第38連隊の戦闘詳報には、次のように記されています。
「興衛および十字街付近は小集落の点在をみるも、住民は居住しあらず敵はこれらの家屋を
ほとんど焼却し退却せり」

またニューヨークタイムズのダーディン記者も、
「中国軍による焼き払いの狂宴」と題して次のようにレポートしています。
「1937年12月7日、日本軍が進撃し始めた。これが中国軍による焼き払いの狂宴の合図となった。南京に向けて15マイルにわたる農村地区ではほとんどすべての建物に火がつけられた。村ぐるみ焼き払われた。農業研究所、警察学校、その他多数の施設が灰塵に帰した。火の手は南門周辺地区と下関にも向けられた中国軍による焼き払いの損害は、3000万ドルにも及ぶ」

おそらくこれが真実でしょう。どこがどうしたら南京城内で日本軍が25万もの虐殺をしたことになるのでしょうか。

シナ国民党総裁の蒋介石は、南京戦の始まる3日前の12月7日にはそそくさと南京から逃げ出しています。

蒋介石は、あれだけ準備した上海で日本軍に惨敗負けています。南京でも勝てないと思ったのでしょう。つまり逃げたのです。そして日本軍には軍事力では勝てないと悟った蒋介石は、この時期から新しい対日戦闘を開始しました
それが広告宣伝戦争(情報戦争)です。蒋介石は、南京陥落の日の少し前から年間300回にもわたる記者会見を行うようになったのです。
これは内外のジャーナリストや外交官など30~40人の前で、日本がいかに不当であるかを蒋介石自身が宣伝するというものです。

同時にこれは、蒋介石が新たな兵を徴用するための広告宣伝活動でもありました。このとき中国国民党は、日本と戦争していたわけですから、日本を非難するための宣伝材料を見つけたり、提造したりして毎日記者会見をして、自分たちを正当化しまた日本軍の悪逆非道を
アピールしていたのです。

現代中国共産党政府は、日本軍が南京で虐殺を行ったと宣伝していますが、当時蒋介石自身が行った300回におよぶすべての会見では日本軍による南京での虐殺の話は1回も行われていませんでした。

もし本当に日本が南京で虐殺を行っていたのなら、宣伝をする蒋介石にとっては格好の日本糾弾材料にはずです。

要するに日本軍による「南京虐殺などなかった」のです。
日本軍の占領後、南京は治安が回復し、大東亜戦争が終わるまでは若い女性が普通に市場で
一人歩きしてショッピングを楽しんでも、何ら問題が起こらない平和な街となりました。

大東亜戦争の末期、日本国内では空爆があり、食料の供給もままならないひどい状態が続いていましたが、南京は昭和20(1945)年夏まではきわめて平和で、食料も豊かで軍事的脅威やテロの危険のない安全な街であり続けたのです。
その南京が様変わりしたのは、終戦後、日本軍が去ったあとのことです。中共軍が南京を制圧し、残虐の限りを尽くし一般市民10~15万名というとほうもない死傷者を出しています。

歴史戦に備えましょう!

中国がひた隠す毛沢東の真実



南京事件当時に発行された英国の新聞



目次に戻る


韓中衰栄と武士道  今こそ、韓国に謝ろう
  いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人