本田路津子 

透き通るよな声が魅力の本田路津子さんのLPです。
初めて聴いたのは小学生のころでした。
このLPは、中学のころの音楽の先生からもらったものです。
その先生も間定年を迎えました。

本田さんは、昭和50年(1975)に結婚のために引退し渡米しました。

その「さよならコンサート」では、アンコール無しで公の場で歌う最後の曲として、
「至上の愛」熱唱し、キリスト教に帰依する覚悟もあかした。

昭和の末期に帰国し、賛美歌の歌い手として活躍しているそうです。





目次に戻る


GOLDEN☆BEST 本田路津子