開拓使仮学校 その2

 札幌農学校一期生の伊藤一隆が、同級生である大島正健に語った内容は、開拓使仮学校に野球チームがあったことを証言している。

 「明治6年ごろ、大蔵省の雇であった米人ウイリアムス氏の甥ベーツ氏が開拓使仮学校の英語教師に雇われていたが、この人が野球の熱心家で、本国から持参した一本のバットと三個のボールを大切にしていた。ところが相手がないのでどうすることもできず、仕方ないので7仮学校の生徒達にゲームの方法を教え、彼らに二つのチームを組織させ、毎日放課後に校庭で対戦させ、ベーツ氏自らが審判をつとめていたが、面倒な野球のルールを、英語がまだよく判らない少年達に会得させようというのであるから、ベーツ氏の苦心は一通りのものではなかった」


(開拓使仮学校の校舎)

 「当時、築地にあった海軍兵学校では、英人の教官たちがクリケットをやっていたが、これ以外の野外競技はどこにも行われていなかった。従ってベーツ氏が日本にはじめて野球を持ち込んだ人であると申されようが、生徒たちに技術上の要点や盗塁の方法などを呑み込ませる苦心と言ったら並大抵のことでなかった」

 明治6年に、早くも盗塁の技術を伝授したことは驚きである。野球そのもののルールも現在とは異なっていたようだが、言葉の壁を克服し必死に野球を教えようとするアメリカ人と、必死に覚えようとする日本人がなんとも微笑ましい。

 「そこへ、幸いにも開拓使から米国へ留学させてあった得能通要、大山助市、服部敬次郎の三少年を呼び戻されて仮学校生徒になり、米国留学中、実際に覚えてきた野球技を懇切丁寧に指導したのみならず、それらの人々は英語も達者であったから、在学生の腕前は飛躍的に進歩した。・・・・・・・・・素手で球を捕るのに悩まされた連中は、剣道とコテを手にはめてみたり、黒塗りのお胴を胸当てにしてみたが、立ち居振る舞いが不自由でこれはいかんということになった。ところで、そのうちにベーツ氏が米国に注文したさまざまな道具が届いて士気大いに振るうことになった。クラーク先生の直弟子中に数えられる荒川重秀、小野兼基の両人も熱心なメンバーであったが、そのうちにベーツ氏が急死されて野球熱は一時下火になった」

 開拓使仮学校で野球広なまったときに思いがけない事態が起きる。ベーツ氏の急死である。Albert.G.Bates(ベーツ)の来日は明治6年(1973年)である。亡くなったのは明治8年(1975年)1月13日のことであった。わずか21歳であった。横浜山手外人墓地19区1に埋葬された。


(伊藤一隆。後列向かって右側)


戻 る

嗚呼!! 明治の日本野球 (平凡社ライブラリー―offシリーズ) 岩手県特産品 奥中山高原アイスセット (S)計8個入