プロ選手1号は その1

小学生の頃に読んだ本には、日本のプロ野球第一号は三原脩と書かれていました。三原脩は、香川県仲多度郡神野村出身です。大地主の末っ子として何不自由なく育ち、香川県立丸亀中学校で野球にのめり込み、官吏になることを望んだ父親の意向で香川県立高松中学校に転校します。

高松中の校長は文武両道を推進しており、野球部入部を条件に転入を認めたといいます。高松中では遊撃手として、第14回全国中等学校優勝野球大会へ出場し、準決勝まで進出したが雨天コールドで敗退した。野球部のマネージャーを務めたのが後に日本社会党委員長となった成田知巳です。

卒業後、第四高等学校を受験するが、中学の先輩水原義明がいた早稲田大学にスカウトされ入学します]。野球部では1年生時から二塁手として活躍すし、特に昭和6年(1931年)春季の早慶戦2回戦で、投手・水原茂を相手に敢行した勝ち越しホームスチールは、早慶戦史に名を残しています。

しかし昭和8年(1933年)に結婚を機に野球部を退部(当時早大野球部では、学生結婚は好ましく思われていなかった)、大学を中退し帰郷してしまいます。故郷ではぶらぶらしていたが、大学時代の仲間に誘われ大阪府へ転居して全大阪でプレーをしました。

 昭和10年(1935年)1月に入営のため退団しますが、日本初のプロリーグである日本職業野球連盟が発足した昭和11年(1936)年の9月に後身である東京巨人軍へ選手兼助監督として復帰。応召で脚を負傷したこともあって昭和13年(1938)年にわずか実働3年で現役引退しました。

 監督としては、選手の調子・ツキを見逃さない慧眼の持ち主で、周囲の予想を超える選手起用・戦術で数々の名勝負を演出し「知将」と呼ばれた。

 日本プロ野球史上、日本野球連盟、2リーグ分立後のセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグ両リーグ加盟球団での日本選手権シリーズといった、3種類の優勝を経験した唯一の人物です。

こんな魅力的な三原脩ですが、実は日本のプロ野球選手1号では無いようです。

 

 
(西鉄ライオンズ時代の三原脩)


戻 る

嗚呼!! 明治の日本野球 (平凡社ライブラリー―offシリーズ) クラーク先生とその弟子たち