日の丸

日の丸が初めて一般国民に掲揚されたのが、明治5年(1872)9月12日のことです。明治天皇が東京横浜間に開通した陸蒸気(蒸気列車)に乗られた時です。

当日、横浜市民は「どうやって陛下をお迎えするか?」と大いに悩んだそうです。「西洋にならって国旗を掲揚してはどうか?」と提案され、衆議一致で決まったそうです。

横浜市内の各戸に日の丸が掲揚され、それをご覧になった明治天皇は、いたく満足されたと伝わっています。

これが好評で、次第に各地方にも伝わり、やがて「日の丸」の旗は掲揚することが 国民儀礼となったそうです。

日の丸は明治政府が制定したものではなく、幕末期に島津斉彬定めたそうです。幕末期に外国船が頻繁にやってくるようになると、日本の船と区別する必要が生じました。

当初は菊の紋章も考えられたようですが、最終的に日の丸に決まりました。日の丸の由来は、後醍醐天皇が楠木正成親子に御下賜した旗とされています。







JA全農いわて あべどり焼き鳥バラエティセット (冷凍) (30本セット)
戸田久 北緯40度盛岡冷麺 2食×10袋